2021.12.17 来場 配信

地下室のメロディ ~KEITH RICHARDS BIRTHDAY EVE TRIBUTE~

CHINES ROCKS  /  DISAGREE  /  HALLUCIONZ(鳥井賀句)  /  THE COCKSUCKER BLUSE BAND (From THE VODKA)  /  DJ 鳥井賀句

OPEN 18:30 / START 19:00  前売り2000 円、当日2500円+DRINK


★HALLUCIONZ(鳥井賀句)

ハルシオンズは、79年に東京ロッカーズ周辺でTHE PAINのヴォーカルをやっていた音楽ライター兼ミュージシャンで、レコード・プロデュ-サーとしても、ジョニー・サンダースやINU、ポゴ、イージー・ウォーカーズ等を手掛けた鳥井賀句が、2012年にスタートさせたバンド。鳥井の好きなニューヨーク・パンクのテレヴィジョンやデトロイトの元祖ガレージ・パンクのストゥージスやMC5、ストーンズ等の影響を感じさせ、粗っぽいガレージ・サウンドと鳥井の書く文学的な歌詞が個性となっている。リード・ギターは鳥井とは20年以上の相棒、もと侍ジャップのヨウジ、ベースには過去にルシールに在籍し、現在はグリニッチでヴォーカルも取る紅一点の碧みどり、ドラムにはトラブルのリッキー小野寺やザ・バッチの田中ノブアキらとモンスターズ等をやっていたムッシュ増田が参加している。

★DISAGREE

DISAGREE は、この世界の惨状に同意しない人々、世界を変えようと願う集合体です。
ウディ・ガスリーが、歌でフォークソング本来の役割を体現したように、彼らは、R&R、レゲエ、ヘヴィーロックなど ミクスチャーロックサウンドと 日本語で 体現。
メンバーは、2016年より VO、Guitar 剣堂シュウジ(Ex.Ramblin' Rose)、BASS スネーク(Ex.BONES)、Drum 源太郎(Ex.JOINT、山口冨士夫カウンターカルチャーバンド)。
都内LIVE HOUSEに 出没。

2019年、 11曲入り 2nd アルバム「ひとつの花」リリース。DISK UNION、AMAZON、ライブ会場等で購入可能。

★CHINES ROCKS

デカダンスなオリジナル中心に
イギーポップ、ローリングストーンズなどの意訳カヴァーもレパートリーにしている
ロケンローの伝道師
Vo&Gt 毒イトー(exジャンキーモンキー)
Gt コージ(exらくがき)
Bs ヨネ(exモンスターズ)
Dr リョウ(バッキンガム宮殿etc)
2020年より活動開始
横浜THE CLUB SENSATION他、都内ライブハウスで活動

★THE COCKSUCKER BLUSE BAND

1985年横浜にて、ボーカル&ギターの辻浩二が結成し、リード・ギターの渡辺健司が加わってからも息の長い活動を続けている筋金入りのRock&Roll Band 、THE VODKA!
2012年にはサポートベースに元street slidersの
市川ジェームス洋二を迎えて活動の場を全国に広げてライブを行う。
2021年4月ドラムに
駒谷茂基(916、ハーディーガーディー、ダイヤモンドユカイのサポートメンバー等)が加入し、
"新型"のTHE VODKAとして、2021年4月16日四谷アウトブレイクにて、活動を開始。

PunkやRockabilly、R&B等にも影響を受けながらも、BluesをベースにしたTHE VODKAだが、このCocksucker Blues Bandは、THE VODKAの辻と渡辺のふたりが、より黒いブルースに根差したRockin'Bluesをやるべくスタートさせた別プロジェクトで、彼らのディープな音楽性は、THE VODKAのファンだけにとどまらず、より
多くRock&RollPeopleを魅了している!